出会い系サイト歩き方

ハゲがナンパして音大生と生ハメした体験談!

はじめして!
 
 
現在出会い系サイトの
アダルト掲示板を使い
セックスする方法を発信している
アッキーといいます。
 
 
 
出会い系サイトをやる前は
ストリートナンパを少し
していました。
 
 
そして少し変わった体験として
語りたいのは
ハゲなのでヴィックをつけて
ナンパしていたことです。
 
 
 
ナンパしたいけど
ハゲが気になってできないと
悩んでいる人には
役に立つかもしれません。
 
 
それではいってみます!
 
 

ウィッグナンパとは?

 

 
まず初めにヴィックって何と
思った人もいるでしょう。
 
 
ヴィックとは単なるカツラです。
 
 
そして被る理由は
私がハゲだからです。
 
 
 
現在46歳で
かなりハゲてきています。
 
 
 
 
ナンパを始めた10年前は
今よりも髪のボリュームは
ありましたが、ナンパするには
厳しかったです。
 
 
 
ナンパに出ようとムースを
使って髪にボリュームを
出そうとしましたが、余計に髪がぺちゃんこになりました。
 
 
 
漫画喫茶のシャワーで
うんざりしながら
洗い流した記憶があります。
 
 
そこでなにかいい方法はないか
と思っていました。
 
 
するとある日ナンパ師の
ブログを読み漁っていると
ヴィックを被ってナンパしている
ブログを見つけたのです。
 
 
使っているヴィックの名前も
書いてあったので、
Amazonで探してみると
結構いい感じなのです。
 
 
これだったらいけるかも……
 
 
行動力はあるので、
すぐに注文しました。
 
 
それに加えそのブログには
ヴィックをカットしてもらうと
もっと自然になると
書いてありました。
 
 
そこで早速
美容室に電話し
「演劇で使うのでヴィックのカットできるか」聞きました。
 
 
答えは「大丈夫」とのことで
ヴィックをつけたまま
美容院に行きました。
 
 
そして美容師さんに
カットしてもらったところ……
 
 
すっごい自然なんですよね!
 
 
美容師さんも
びっくりしていました。
 
 
こうしてナンパできる
準備は整ったのです。
 

なぜナンパをしようと思ったのか?

 
なぜナンパしようと思ったのか?
 
 
ナンパはチョコチョコ
していたのですが、本格的にやろうと
したのは37歳です。
 
 
めっちゃ遅いですよね。
 
 
 
しかしそんな歳でも
チャレンジしたのは
プロフィールにも書いたのですが、
モテなかったからですね。
 
 
 
高校、大学、バイト先と
女子は常にまわりにいました。
 
 
しかしプライドが高く
自意識過剰で頭の回転が悪く
女性と上手く会話できなかったのです。
 
 
 
当然彼女などできるわけなく
寂しい青春時代を過ごしてきました。
 
 
 
その失った青春を取り戻したい!
 
 
その思いが私をヴィックナンパに
駆り立てていたのでした。
 
 
 

ネットでナンパ仲間を募集しました。

 
 
ナンパできるだけですごいと
思われるかもしれません。
 
 
しかし1人では
なかなかできませんでした。
 
 
 
 
そこでネットの掲示板で
一緒にナンパする仲間を募集し
ナンパしていました。
 
 
 
ひとり私と同じように、
仲間がいないとナンパできない
人がいました。
 
 
その人と目的が一致していたので、
よくナンパをしていました。
 
 
 
そしてある日
その人は当時私より年上の
40歳だったのですが、
学園祭ナンパをしたいと
言い出しました。
 
 
 
アラフォー2人で
学園祭ナンパです。
 
 
 
今考えるとかなり
痛いですよね。
 
 
でも女子大生と
セックスできるかもという
期待が広がり挑戦することに
しました。
 
 
 
 
 
そして意気揚々と学園祭に
潜り込みましたが、
若者の雰囲気に飲まれ
完全にフリーズして
しまいました。
 
 
 
こんなヴィック被った
アラフォーにはあまりにも
厳しすぎました……
 
 
 
合流したナンパ仲間は勇気を出して
話しかけていましが
思いっきりシカトされていました。
 
 
 
 
そしてアラフォー2人は
逃げるように学園祭をあとにしたのでした。
 
 
 

池袋に場所を通じてリベンジナンパ

 
 
意気揚々と出かけた
学園祭は1人も声掛けできず
惨めな結果に終わりました。
 
 
自分の不甲斐なさに
腹が立っていました。
 
 
そこで気分を入れ替えて
池袋でナンパすることにしました。
 
 
池袋のナンパでも
声掛けできなかったら無様すぎます。
 
 
 
もうヤケクソになり
思い切って大きな声で
女性に声をかけました。
 
 
「すいません!!!」
 
 
いつもは声掛けが小さく
女性から聞き直される
ことが多かったのですが、
この時は開き直ったので
大きな声が出ました。
 
 
女性はびっくりしていました。
 
 
「すごくタイプだったので、
声かけてしまったんだけど
友達になりませんか!!」
 
 
いつもならシカトですが、
この時は違いました。
 
 
「ええっ!どうしよう!」
 
 
喜んでいるのです。
 
 
「電話番号教えてくれますか?」
 
 
「はい!いいですよ。」
 
 
と上手くいったのです。
 
 
開き直りがよかったのか、
ヴィックがよかたったのか
分かりませんが
身体中が喜びに溢れていました。
 
 
ナンパの醍醐味ですね。
 
 
その夜電話し、
後日飲みに行く約束を
しました。
 

安倍なつみ似の音大生とエッチに成功

 
いよいよデート当日です。
 
 
少し遅れて彼女と
合流できました。
 
 
ルックスはモーニング娘。の
安倍なつみにそっくり
なんですよね。
 
 
こんなに可愛い子とデートする
のは人生で初めてです。
 
 
もう楽しみと緊張で
武者震いしたのを
覚えています。
 
 
入念に場所を選び
横並びで座れる個室居酒屋を
予約していました。
 
 
女性の近くに座るとより
緊張しました。
 
 
ましてやヴィックが
バレてしまう可能性も
あるわけですからね。
 
 
とにかく彼女の
話しを聞き、自己開示させる
ように会話を組み立てて
いきました。
 
 
彼女は
 
・音大生で出身は高知県
 
・レジ打ちのアルバイトをしていて
しょっちゅう男子高校生に
告白される
 
・弟と仲が良くよく泊まりにくる
 
 
などかなり深くまで
話しができました。
 
 
 
居酒屋の2時間は
ほとんど彼女の話を聞いていました。
 
 
それがセックスできた
成功要因だと思います。
 
 
話を聞きながら
彼女の身体をこっそり
観察していました。
 
 
胸がかなり大きく
魅力的な身体をしていました。
 
セックスできたらいいなぁと
ずっと考えていました。
 
 
 
居酒屋の2時間が
終了しました。
 
 
彼女にどこ行きたい?
 
と聞くと
 
「バーに行きたい」と言いました。
 
 
そこで知っているバーに
向かったんですが、
ラブホテル街に
迷い込んでしまいました。
 
 
少し焦りましたが
お酒も飲んでいたので
自然と
「コンビニでお酒買って中で
飲み直さない?」と
言葉が出てきました。
 
 
女性は無言でしたが
私がホテルに向かうと
あとをついてきました。
 
 
内心
「まじかぁ〜いいのかなぁ」と
冷静に思っていました。
 
 
ホテルの部屋に無事
入ることができました。
 
 
形式的に少しだけお酒を
飲み彼女にキスします。
 
そこでここまできて
形式グダが出るんですよね。
 
 
形式グダとは
 
本心はセックスしてもいいのに
すぐセックスする女性でない建前を作り拒否してくることです。
 
 
 
唇をグッと結び
私の舌の侵入を防いでいるのです。
 
 
キスは諦め
服を脱がすことにします。
 
 
全部服を脱がすと
白い肌、大きなオッパイが
目の前に現れました。
 
 
若い女性特有の香水と
シャンプーと体臭が混ざった
メスの匂いに興奮マックスでした。
 
 
 
全身を舐めまわしました。
 
 
 
そしてアソコに手を当てると
めちゃくちゃ濡れているのです。
 
 
 
クンニ、手マンで
彼女を執拗に攻めます。
 
 
手マンで高速を
手を動かしました。
 
 
 
そして彼女が
行きそうになる瞬間
 
「あぁ〜ダメっ!」と
 
私の右腕を止めようと
してきたのでした。
 
 
彼女のアソコを凝視すると
ヒクヒクと痙攣していました。
 
 
手マンでイッたようでした。
 
 
それから正常位で
挿入しようとしました。
 
 
そこで
「ゴムつけなくていい?」と
彼女に聞きました。
 
 
安倍なつみ似の現役大学生の
アソコの生の感覚を
味わってみたかったのです。
 
 
彼女は何も答えませんでした。
 
 
答えがないのは
オッケーの証拠です。
 
 
 
生で挿入することにしました。
 
 
 
 
正常位、バックで
彼女をアソコに狙いを
定め腰が碎けるほど
一生懸命腰を振りました。
 
彼女は喘ぎ声こそ
出さなかったものの
快感に懸命に耐えている
様子でした。
 
 
セックスする前は
キスを拒否していました。
 
 
しかしバックで腰を振り
少し休憩していると
彼女から腰を懸命に振る
ようになっていました。
 
 
 
エッチなった女性の姿をみて
とても嬉しく思いました。
 
 
そして大満足のセックスは
終わったのでした。
 
 
もちろんセックスするときも
ヴィックはつけていました。
 

まとめ

 
その女子大生とはある事件が
あり、それっきり会うことは
なくなってしまいました。
 
 
ストリートナンパで
セックスできたのは結局
この女性だけでした。
 
 
今思うとナンパの神様の
プレゼントなのかなぁと
今でも不思議に思うのです。
 
 
 
アッキーの無料メルマガ

 

こんにちは!
アッキーです。
 
 
出会い系サイトで
セックスするための
無料メルマガを作りました。
 
 
ブログでは書けない内容なので
ぜひ登録宜しくお願いします!
 
 
 
メルマガ登録した方には
【出会い系でモテる本質】
【出会い系サイトでセックスした後に聞いた女性の本音】
をプレゼントします。
 
 
メルマガが迷惑メールホルダに
入る場合があるので、
ご確認宜しくお願いします。
 

 

アッキーの無料メルマガ 読者登録フォーム