プロフィール

はじめまして!

ハッピーメール完全講座を運営しているアッキーです。

今から、私のプロフィールと
なぜ私がハッピーメール完全講座を開設したのかを書いていきます。

平凡なサラリーマンです

私は埼玉県在住の
45歳の既婚者です。

妻と娘がいます。

仕事はサービス業で平日休み。

人妻とのアポがとりやすいので、
平日休みは気にいってます。

学生時代

若い頃はとにかくモテませんでした。

原因は男らしくなかったからです。

例えば

・好きな女性に振られて、その女性の前で落ち込み、なぐさめられる

・自分に好意を持っている女性が居たのに、ビビって告白できない

・物で女性を釣ろうとし、高価なアクセサリーをプレゼントして、告白したが、たたきかえされる

・女性に「会いたい」とキザなセリフをしてデートだけはしてもらう

→そしてふられる

・ディズニーランドに車で行き、道に迷ったあげくふられる

など、とにかく散々な青春時代でした。

「こんなデートがしたい」「こんなセックスがしたい」という強い願望を持ちながら、叶えられない。

この若い時の後悔はずっと心の片隅に残り続けました。

社会人時代

その後社会人になるも、
状況はさほど変わりませんでした。

そしてその有り余った性欲は、
テレクラとストリートナンパに向かいました。

今は廃れてしまいましたが、
その当時テレクラがまたまだ元気がありました。

援助交際が多かったものの、
たまに、タダマンできたり、
女子大生に出会えたり、刺激的な遊びにハマっていました。

しかし、私は満足できませんでした。

そして次に興味を持ったのが、
ストリートナンパでした。

当時はナンケン(ナンパ研究会)というサイトがありました。

ナンパ師がブログを運営し、
ナンパ活動やナンパ方法をブログで披露しランキングを競っていて、盛り上がっていました。

私はそれを食いいるように見て、
自分でもやってみたいと思うようになりました。

またナンケンは
ナンパ仲間募集の掲示板があり、
合流して仲間と一緒にナンパすることができました。

私はそこで仲間を募集し、ナンパに挑戦することになりました。

1人ではナンパはできませんでしたが、仲間と一緒にだとナンパできました。

歩いている女性に、
いきなり声をかけるのは、大変勇気がいります。

しかしそれが出来たときの
「達成感」
「男としての誇らしさ」は今でも覚えています。

しかし、ナンパは継続できず辞めてしまいました。

結婚してから

30代に入り結婚、子育て、責任のある仕事を経験します。

そのような忙しさのなかでも、
女性に対する欲求は、消えることはありませんでした。

そして、始めたのが出会いサイトと不完全燃焼だったストリートナンパの復活でした。

出会いサイトは
かなり力を入れてやっていましたが、
イケメンでもなく、ノウハウもあまりなかったので、
ほとんど出会えませんでした。

送っても送っても
メールは来ず、
たくさんの労力をかけても、
2年間やってセックスできたのは2人だけでした。

出会い系サイトはダメだと感じ、
また再燃してきた思いはストリートナンパへの思いでした。

そこで復活したナンパで目をつけたのは、ナンパ講習を受けてみたら上手くいくのではないかという考えでした。

そして、ネットでナンパ理論が
しっかりしているナンパ師に連絡し、1日講習を受けることにしました。

1日3万円と安くはない金額です。

朝8時から講習が始まり、

夜の10時まで、ナンパ理論、トーク理論
ナンパ実践と教えてもらいました。

・これで女性をゲットできる

・ナンパ師になれた

と思いました。

しかし現実は厳しかったです。

休日を利用し、
仕事、家庭がある身ながらも、
ちょこちょことナンパしていましたが、1年間でゲットできたのは、たった1人でした。

私が実感したのは、圧倒的な
コスパの悪さでした。

好みの女性に声をかけれるメリットはあります。

しかし、1日に何人にも声をかけ、
ガンシカされながらも、LINEを聞き出しても、そこからアポに持っていくのも手間がかかりました。

モチベーション、体力が続きませんでした。

ストリートナンパは完全に諦めました。

そして40代に突入

出会い系サイトもストリートナンパもやめ、
私は次なる目標に副業してお金持ちになりたいという
思いを持ち始めました。

お金持ちになって、人生を楽しみたいという欲望です。

そして、副業をしているうちにふと「なんでお金持ちになりたいのか」という疑問が湧き上がってきました。

・私は物欲がほとんどありません。

・車もファッションにも興味ありません。

・グルメも日高屋で満足する人間です。

「なんでお金持ちになりたいのか」

深く掘っていくと、

結局は「女の子と遊びたい」という欲求でした。

私は「女の子と遊びたい」という
欲求から逃れられないのだと、改めて感じたのでした。

また人生において、

サブ的だと思ってきた「女性」は
人生の大部分を占めることに気がついたのです。

たくさんの女性と遊び、セックスする。

これを実現できている男性は、人生の満足度が高いはずです。

また「死の間際」でもきっと後悔しないばすです。

再チャレンジ

女性と遊ぶためには、
出会い系サイトしかないと即座に思いました。

今はやりのマッチングアプリは
45歳では厳しい戦いになることは、容易に想像できます。

そこで今回は、出会い系サイトのブログを作り、出会うための攻略法や哲学をまとめて、発信しようと思いました。

このブログから、出会えるためのヒントを少しでも得られたら嬉しいです。

ながながと読んでいただき、ありがとうございました。